So-net無料ブログ作成

スーパーCO中毒 カツオは無関係 東京・江戸川(産経新聞)

 東京都江戸川区のスーパー「マルエツ松江店」で女性従業員2人が一酸化炭素中毒(CO)になった事故で、カツオから検出されたCOは微量で中毒になるほどではなかったことが19日、江戸川保健所への取材で分かった。

 同保健所によると、検出されたCOは1ppm未満だった。中毒症状が起きるのは一般に200ppm以上という。このためカツオ以外に中毒の原因があるとして、保健所や警視庁で詳しく調べている。

【関連記事】
新日鉄君津で塗装作業の男性が一酸化炭素中毒死
中国製ギョーザ中毒 千葉の袋にも穴が見つかる
「ヒロ君の死、無駄じゃなかった」 パロマ元社長有罪で両親会見
毛髪の水銀濃度4倍以上 鯨類を食べる機会が多い和歌山県太地町
【今、何が問題なのか】1歳で薬物中毒
中国が優等生路線に?

ボクシング 王座奪還目指す…長谷川が表明 バンタム級(毎日新聞)
<公明党>景気対策の骨子発表(毎日新聞)
<殺人>交際相手の女性を遺棄 会社役員を容疑で逮捕 京都(毎日新聞)
金星探査機21日打ち上げ=H2A延期で―種子島(時事通信)
政府、口蹄疫対策に総力=農家への生活・経営支援―予防的殺処分の拡大検討(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。